レインシャット スーパーエコ

レインシャット スーパーエコ

水性無機質遮断熱塗料

人と住まい、そして環境に配慮した安全な外壁・屋根塗料です。

レインシャットスーパーエコ

人と地球に優しい遮断熱疎水水塗料

  • 住まいを守る 《通気性》《防カビ・防結露》
  • 美観も機能も長持ちする 《耐久性》
  • 沿岸部のお住まいに最適な 《耐塩害性》
  • 雨水を寄せ付けない 《疎水性》
  • 省エネ効果に優れた 《遮断熱性》
美観も機能も長寿命

レインシャット スーパーエコは静電気を帯びにくい無機系水性塗料だから、汚れがつきにくく、当初のきれいさが長持ちします。さらに傷や摩耗に強く機能も長持ち。メンテナンス費用が大幅に節減できます。
※水性無機ならではのマットな色合いも特徴です。 >>色調ページへ

建物の劣化を防ぐ疎水・透湿機能

レインシャット スーパーエコの塗膜は雨をしっかりはじくうえに、抜群の透湿性があり、壁の中に湿気がこもりません。だから壁体内結露が発生しにくく、建物の構造材が長持ちします。

環境に配慮した安全な水性無機質塗料

レインシャット スーパーエコは水性無機質系ですので、ペンキ臭いニオイもほとんどしません。また、シックハウス症候群の原因物質であるホルムアルデヒド放散量の認定基準をクリア(F☆☆☆☆)していますので安心です。

サイディングの塗装にもレインシャット スーパーエコ

サイディングは一般的にメンテナンスフリーと思われがちですが、実際は劣化するためメンテナンスが必要です!

建物の外壁は、太陽光(紫外線)、風雨、雪、気温の変化等、過酷な条件下にさらされています。サイディングは表面に耐候性のある塗装が施され、サイディングの間には防水用のシーリング材が施工され建物を保護していますが、これらは永久的なものではありません。そのため、年数を重ねると様々な経年劣化が進み、そのまま放置しておくと不具合につながることもあります。従って美観と性能を保つためには、定期的な点検と早めのメンテナンスが必要となります。適切なメンテナンスは、サイディングのみならず建物自体の老朽化を遅らせ、資産価値の維持にもつながります。

日ごろから建物の外壁を目視にて点検を行いましょう。こんな症状がでたらメンテナンスのサインです。
 
外壁の色あせコーキングのひび割れチョーキング
 
紫外線などによる経年劣化によって、サイディングの色が脱色してしまいます。この段階では急いで対処する必要はありませんが、このまま放っておくと見た目もよくありません。つなぎ目にあたる「目地シーリング」のひび割れは、経年劣化や紫外線による劣化です。このひび割れを放っておくと水分が内部に浸透してしまい、壁の内側まで腐食してしまいます。外壁に触れてみた時にチョークのような粉が手につく現象をチョーキングといいます。これは塗料の樹脂成分が劣化し、含まれた顔料が粉っぽく浮き出てしまい塗膜の機能が落ちてきた状態です。
 
ボードのひび割れ反りや膨らみ
 
経年劣化と共に小さなひび割れが出ることがあります。放っておくとこの隙間から水が浸入して壁内部の腐食に繋がります。反りや膨らみは雨水や住宅内部からの湿気により水分がサイディングに浸透して含水し、そして乾燥を繰り返すことで発生することが多く、建物内部の腐食も考えられ、早急なメンテナンスが必要です。
 
■メンテナンスの計画(目安)
メンテナンスの計画(目安)

  • 優れた遮断熱効果
    夏場の壁面温度上昇および冬場の冷たい外気温の伝導を抑える、レインシャット スーパーエコの優れた遮断熱効果をご紹介します。
  • 色調
    レインシャット スーパーエコのカラーバリエーションをご紹介。
  • 採用事例紹介
    レインシャット スーパーエコを実際に採用していただいたお客様の施工事例をご紹介。事例は住宅・店舗・商業施設などと様々。お客様の生の声をお届けします。