みずがめ 雨水利用5つのメリット

みずがめ

雨水利用システム

地上から蒸発した水蒸気が上空で冷やされ、雨として降ってくる。
雨水は、巨大な蒸留装置で生成した「純水」であり、簡単なろ過や浄化で利用できる、極めて優れた品質の天然水です。
最新の水技術が実現した、安全で高品質の水をお使いください。

雨水利用5つのメリット

雨水の資源価値

21世紀は水資源の世紀といわれています。自然を大きく変えてしまうダム建設が見直され始め、人口増や生活形態の変化に伴う水の使用量の増大に、供給が追いつかなくなるだろうと危惧されています。また、開発に伴う水質の悪化により、良質の水源確保は難しいものとなりつつあります。水資源としての雨水がにわかに注目されてきたのには、そういった背景があります。自治体や企業を中心に、今、雨水利用にさまざまなアプローチが始まっています。
また、いざという時なくて最初に困るものは「生活水」です。自前の水源の確保は、渇水による給水制限などさまざまな局面に対応できる、生活基盤の確保にもなるのです。
ご家族のために、「自前の水源」をお考えください。良質の水資源・雨水は豊富。しかも、うれしいことに「無料」です。

雨水利用5つのメリット

良質の水資源・雨水を利用することには、さまざまなメリットがあります。

ライフラインからの側面

  • 非常用水を確保します!

    渇水等による給水制限時にも、生活用水に不自由することはありません。自前の水源は、災害時にはライフラインとして、火災時には消火用水としてもおおいに威力を発揮します。しかも、みずがめは1,500ℓの大容量だから非常時に役立ちます。

  • 省エネに貢献します!

    水道水、水道代の節約に大きく寄与します。雨水利用システムの普及により、地域の上水システムの安定的維持管理に貢献します。

  • 健康な水を使えます!

    地表の影響を受けない雨水は、とても質の良い軟水であり、化学処理等を必要としない汚染の少ない水資源。吸収性や洗浄力に優れた健康な水を安心してお使いください。

環境からの側面

  • 地下水の枯渇対策に!

    雨水は、排水溝へ流す廃水ではありません。「みずがめ」は、余剰の雨水は散水や浸透トレンチを通して地中に浸透させ、地下水の枯渇を防止し、一滴も無駄にせず役立てます。

  • 都市型洪水を防ぎます!

    コンクリートやアスファルトでおおわれた都市部では、ちょっとした雨で雨水が排水溝に集中し、都市型洪水が発生してしまいます。雨水利用システム「みずがめ」は、雨水を貯留することでダムの役割を果たし、都市型洪水の発生を未然に防止します。