採用事例紹介

採用事例紹介

アイデンティティーのある建物(栃木県)

スーパー白洲そとん壁W

デザインテーマは、
「無機質な素材と有機的な素材のバランスのいい組み合わせ」。

シラス壁との出会いは6年以上前と言う、
DIP/ディップ建築都市設計事務所(栃木県宇都宮市)の佐山代表。

「まだ、そとん壁が出始めの頃に雑誌の広告かなにかで見て、カタログとサンプルをとりました。
ちょうど事務所兼自宅を建築する時期だったので、試しに使ってみようと思って。」


すし亭 ゆず (栃木県宇都宮市)
そとん壁とガルバリウムの組合せ。素材と色のコントラストが美しい。
W-121 三条大波仕上げ

季節や時刻によって印象がかわるエントランス。

実際にシラス壁を採用した感想は、
「塗りこんだ後、硬化するまでのオープンタイムが長いので、細かい細工が出来るのがいいです。
当社の事務所の外壁にそとん壁を採用していますが、
歯ブラシのような小さいワイヤーブラシで1列ずつ引掻き後をつけました。
シラス壁は、樹脂系塗り壁材にない質感ですね。
経年変化しても味がどんどん出る雰囲気が、本物を使っているという好印象になります。
ガルバやサイディングと組み合わせても、建物全体を引き締めてます。」

間接照明による陰影が美しい。

シラス壁採用にあたり、心配だった点もお聞きしてみました。
「ひび割れかな。割れは、ヘアークラック程度が出ていますが気になりませんね。」
「お客様からも喜んでいただいています。」との嬉しいお言葉も。
「樹脂系塗り壁材と比較するケースが多いですが、うちの事務所をみていただくと
ほとんどの方がそとん壁がいいとおっしゃいます。あとは価格ですね(笑)」

DIP/ディップ建築都市設計事務所様の社屋
こちらは、そとん壁と金属サイディングの組合せ。
W-128 三条大波仕上げ

店舗や住宅の外壁に多く採用するというシラス壁。
「私は、『無機質な素材と有機的な素材のバランスのいい組み合わせ』がデザイン
テーマの1つにありますので、外壁でも一部分に使うことが多いです。」

お客様の夢を、アイデンティティーのある建築や空間・デザインとして、
提案・実現させていくことがテーマと話す佐山代表。
「お客様から信頼頂けるパートナーとして、そして誰からも親しみやすい事務所として、
我々が持っている情報やアイデア、好奇心や心地よいと思うこと、
そして技術を積極的に表現し提案していこうというのが我々の“スタイル”です。
今までにない『新しいタイプ』の設計事務所として活動していきたいと考えています。」

DIP/ディップ建築都市設計事務所
〒320-0012
栃木県宇都宮市山本3-9-17
電話  028-624-5700
メール  dip@fancy.ocn.ne.jp
URL   http://www.dip7.com/

<プロフィール> 建築家 佐山利光 
1965年生まれ
鴻池組東京本店設計部勤務を経て、
2000年DIP建築都市設計事務所設立